社会福祉法人全電通近畿社会福祉事業団 |大阪府・兵庫県内での社会福祉事業(高齢者・障害者)、介護付き有料老人ホームの運営、高齢者福祉施設、障害者福祉施設の運営・管理

理念・沿革

トップページ >> 法人概要 >> 理念・沿革

全電通近畿社会福祉事業団 理念

全電通近畿社会福祉事業団は、1971(昭和46)年、全電通労働組合近畿地方本部として社会福祉法人の資格をとり、知的障害者総合福祉施設「愛の家」を建設しました。労働運動の課題として誰もが安心して暮らせる社会を求め、自らの活動と実績にもとづいて、国の福祉政策に大きな一石を投じました。
愛を育み与える施設として「愛の家」と命名し、その活動は、特別養護老人ホーム「あいハート須磨」の建設につながって今日に至っています。
結成40周年を機に、高齢社会を迎えて私たちの活動も新たな展開と役割を担って発展を期さねばならないと決意いたしました。
理念は、活動の原点を愛におき今後の施設の役割と職員の行動規範を明確にして、あるべき社会と日々の活動の姿を明示したものです。

2012年5月
全電通近畿社会福祉事業団

事業団の使命 (共に生き支え合う社会を)

この世に生をうけた人びとが等しくその個性をもったまま尊ばれ、共に生き共に認め合い支え合う笑顔あふれる福祉社会をつくることを使命とします。

施設の運営姿勢 (継続と貢献)

  • 利用者、家族、地域住民の要望に応える運営を行い、福祉社会への情報発信に努めます。
  • 安心、安全なサービスの提供と質の向上を図り、信頼獲得に努めます。
  • 社会的な要請への対応と法令遵守を基調に安定的で継続性をもった経営を行います。
  • 地域社会の活動拠点として、施設と利用者が地域社会の一員としての役割が果たせるよう取り組みます。

職員の行動規範 (専門職として誠実に)

  • 専門性にもとづいた利用者支援を主体性と責任感をもって実践します。
  • 利用者の持っている潜在能力、残存能力を発見する想像力と探究心をもちます。
  • 自己研鑚に励み、仕事を通じて成長が実感できるように努めます。
  • 明るく楽しくいきいきと仕事に取り組みます。

沿革

1968年 全電通(現NTT労組)近畿の組合員が心身障害者施設建設のため
「愛のカンパ」(1口:1カ月50円)を開始
1970年 全国の組合員から2,700万円のカンパが集まり知的障害児施設の建設に着工
全電通近畿社会福祉事業団の法人許可を得る
1971年 知的障害児施設 淡輪学園「愛の家」開設
1995年 特別養護老人ホーム「ハートふる須磨」開設
1999年 「ハートふる須磨」から「あいハート須磨」に名称変更
2000年 「あいハート南町」デイサービスセンター開設
2001年 知的障害者総合福祉施設「愛の家」開設
2003年 知的障害者通所授産施設「工房みさき」開設
2005年 共同生活介護・援助「グループホーム」開設
2013年 介護付有料老人ホーム「あいハート離宮前」開設
2013年 相談支援事業「愛の家みらい」開設
ページの先頭へ
Copyright (c) 社会福祉法人全電通近畿社会福祉事業団 All Rights Reserved.